郵便局の保険はよくない!返戻率の高い学資保険を選びましょう

当サイトは郵便局の学資保険について詳しく掲載しています。 学資保険とは子供の年齢によって加入する時期を選ぶことが できますが一般には大学までの教育費を上手く計画して 貯蓄していくのをサポートする保険のことを言います。 小さいうちから加入すると計画的に貯蓄出来るので オススメなのですが郵便局の学資保険にすると 返戻率があまり良くないと聞きます。 そこで郵便局の学資保険に決める前に ぜひこちらをご覧いただきじっくり 決めてもらいたいと思います。 ちなみに・・・ 学資保険についてもっとよく学んでみたいという場合はこちらの学資保険のサイトがおすすめです。

非常に助かりました

" 親戚に勧められて、貯蓄型の学資保険に加入しました。20年ほど前の、利率の良い時だったので、満期の時には、掛け金より100万円ほど余計に受け取りました。
 中学・高校に進学する時に一時金もいただけましたし、大学に入る前に満期になったので、受験料にも使えました。
 また、医療保険も兼ねているので、入院・手術した時にも給付金をいただけて助かりました。
 何よりも良かったのは、大学の学費負担をあまり心配しなくて良かったことです。本人が、大学に行かずに就職するなら、それはそれで、私たち夫婦の蓄えにもなることだし・・・と思って掛けていました。学資保険で授業料が少々足らなくても、子どもたち自身もアルバイトをして稼ぐことが出来るので、ちょっとは苦労させようと思っていますが、大方の安心料になります。
 今は、不況で、大変な時期ですが、子どもの小さい時からコツコツと掛けられる、また、安心して預けられる郵便局の簡保生命は、おススメです。
 "

学資保険の合わせ技

お腹に赤ちゃんを身ごもったら、生まれてからすぐに学資保険に加入することを考えました。今では妊娠中にも加入出来る子ども保険もあるそうですが、私の場合は生まれてから郵便局の学資保険に入ると決めていました。ちょうど親身になって下さる近所の郵便局員の方がいらっしゃったので、その方のノルマ達成のお手伝いも兼ねて。その郵便局員の方のお話によると、皆さんが前以て準備の為に入る保険は18歳満期のものが多いというので、迷わず18歳満期に加入することを決めました。18歳といえば高校合格後、大学進学に合わせた保険になります。生まれてくる子が果たして大学へ進むかどうかはその段階では全く分かりませんでしたが、長いスパンできちんと加入しておこうと思ったのを憶えています。そして、主人の転勤でよその土地へ引っ越したのですが、そこで学資保険の住所変更と集金の手続きを担当局の方に来て頂いて手続きをしていると、「皆さんは18歳満期でお考えになるんですが、僕のお勧めは15歳満期を併せて加入されることなんです。」と思いもよらない提案をされました。よくよくお話を聞いてみると、中学校を卒業して高校に入学するときにもかなりお金がかかるので、15歳満期の需要はあり、一旦15歳満期で保険が終了しても、別に18歳満期の保険に加入しておけば、保険内容は継続され、一番教育費がかかる中学から高校の期間であり、中学卒業後のあと3年後に慌てて教育資金を準備することもないというのです。これに納得して15歳満期の保険にも加入しました。加入したのが9月なので、卒業前に満期がきても18歳満期の学資保険によってきちんと保障されているので安心です。健康祝い金などのオプションは省いたので保険料も安くすみました。こんな入り方もあるので、入ってお得でした。

大学の学費を用意するために。

"郵便局のかんぽ生命の学資保険に加入したきっかけは、同僚のおばさんに勧められたことです。
おばさんのお子さんがまさに 大学生で 金がいくらあっても足りない、と言っていました。悪いことは言わない、子供が入れるうちに入りなさい、と 言っていたのです。
大学は入学時に、半年ごとに それぞれ多額の現金が必要なのだそうです。
私が加入したのは育英年金つきの学資保険です。
親に万一のことがあったら 支援してくれるので とても安心だと思います。
子供の成長に従って、高校、大学、結婚など お金がかかるイベントがあることは理解していますが 先のことってなかなか考えられない、考えるのを避けてしまっていました。
お金のせいで 希望するところへ行けなかったら親の責任が果たせないと思います。
何も保険じゃなくても、積み立てが一番いいのですが なかなか性格上貯めることができないので 保険だと下ろしにくいのがいいですね。
解約すると損なので 満期まで絶対続けようと思っています。"

学資保険はかんぽの保険に加入しています

子供の学資保険は、かんぽの学資保険に加入しています。18歳までかけるタイプで、途中でお祝金がでる学資保険です。妊娠中に加入しました。ずっと今も払い続けています。会社に勤務していた時に、担当のかんぽの方から勧められました。新学資保険ってタイプだと思います。月々の保険料も安いですし、途中でおろせないのが学資保険の魅力ですよね。知らないうちに、貯金がたまっていく感じで、いざ子供の進学でお金にこまったときに、一気に払戻金が入金されますので、絶対に学資保険は入っておくべきですよ。毎月、口座引き落としですので、全然気になりませんし、生命保険もついているタイプなので万が一の時も安心です。これから、子供には大変お金がかかると思います。大学進学時がちょうど18歳なので、本当にかけておいて良かったと思っています。私立の大学なんてものすごいお金がかかるそうです。でも子供にはなんとか大学に行ってほしいので、学資保険入っておいて良かったです。

私が加入中の郵便局の学資保険について

"私が郵便局の学資保険に加入したきっかけは、知り合いが郵便局で働いていたことと、当時利率がとても良かったことです。
他にも養老保険にも入っていました。学資保険は育英年金付きの物に入っています。育英年金は契約者の親が死亡した場合や高度障害になった場合、毎月か毎年一定額が子供に支払われるシステムです。さらにその後の掛け金もタダになります。
私が入った学資保険は貯蓄型の物です。満期時と中学入学時期、高校入学時期に合わせて一時金がおりるタイプのものです。
他に特約で疾病と通院を付けています。掛け捨て部分になりますが、とても安いです。
今まで2回一時金を受け取りましたが、とても助かりました。満期までもう少しなので、頑張って掛け続けていきたいと思います。
満期金は大学の入学資金に使えるので、掛けていて本当に良かったです。養老保険の方が貯蓄性がありますが、親に何か会った時の年金や、掛け金無料になるなどのシステムは無いので、貯金代わりにするにも学資保険の方が有利だと思います。"

学資保険ってしてる??

"学資保険てしってますか?息子や娘などの将来の教育資金のために掛けておく保険です、内容は一定の保険料をしはらって、満期に達した後、満期保険金が受け取れる物なのです!子供保険とも言いますね!

 15歳や18歳満期だったりと種類があったり、貯蓄型や保障型など種類もさまざまあるようですが! 学資保険が満期契約だと大体が数百万円ほどになるんですよ!(最初に決めるのですが大体が100~300万ぐらいです、また祝い金がもらえる物などで大分変化しますが)

 この学資保険というのは親が子供に掛けて、大抵の場合が掛けていた親に満期保証金が行くようになっているのですが。実は掛けられていた子供にもある権利があるようです。 コレは自分の話なのですが、満期保険金を受け取ったさいに係りの人が教えてくださったのですが、掛けられていた本人には1割ほど貰う権利があるそうです。なのでもしも自分に学資保険が掛けられており、学資保険が満期にたっして満期保証金を貰う場合は、1割もらう主張をしてみてはいかがでしょうか。こんなことを面と向かって言える人はあまりいないとおもいますが。"